「恐竜博 2019」へ家族で行きました!

恐竜博




 

恐竜博 2019」へ行きました!

目的は「むかわ竜」と「デイノケイルス」を見ること。

 

恐竜博 2019へ

前にダーウィンが来た!の「恐竜図鑑」を買ってから「恐竜博」へ行きたいとなり

 

恐竜図鑑

ダーウィンが来た!「恐竜図鑑」を買いました!

2019年9月12日

 

じゃ見に行くか!となりましたのでホントに行くことにしました!(笑)

 

メンバーは私、妻、長男(5歳)次男もうすぐ(3歳)の4人

期間 2019年7月13日(土)~2019年10月14日(月・祝)

場所 国立科学博物館

恐竜博 2019

詳しい情報は 公式ホームページ 「恐竜博 2019」へ

未就学の子供は無料。

 

1.駐車場

 

我が家は長野県ですので、子供も小さいし車での移動となりました。

ネットで「上野公園駐車場」と検索して総合的に「上野パーキングセンター」にしました。

 

上野駐車場

公式ホームページ 「上野パーキングセンター」へ

こちら24時間365日営業の駐車料金の上限付きですので助かります。

土日祝日3,000円です!

上限無しですと駐車料金が高くなりますので…。料金も気になりませんし、おすすめです!

 

朝9時に着きましたが1階から5階まで満車でB1階に無事止められましたが、どんどん車が入ってきますのですぐ満車になり駐車場へ入る渋滞ができてました。

早めに止めてから朝ごはんがいいですね!

 

この駐車場のいいところは「エレベーター」に乗って最上階までいくともう上野公園の敷地です!

ここから歩いて「国立科学博物館」までいきます!

 

2.国立科学博物館

この日はやや曇りで時々晴れでしたので湿度があり、歩いていて汗ばむ陽気。

上野動物園」を横目に「国立科学博物館」にあと少しというところで何か数字が見えましたが…

 

90分

 

 

まだ9時30分くらいだけど…。

 

恐竜博

すぐ列に並び「当日券」を買い「入場整理券」をもらう流れになっていました。

 

整理券には11時~入場とありましたので子供たちを少し休ませて

1時間くらい時間があったので11時まで時間潰しに「地球館」へ行き

零戦や初期の電卓その他もの凄い展示量であっという間に時間になりましたので、またの機会にして

恐竜博 2019」の列へ

 

3.「デイノニクス」へ

やっと本命の「恐竜博」です!

さすがに凄い人混み…。

 

恐竜博

鳥類の祖先と思いますが「」と顔が特徴あります…。

 

恐竜博

 

恐竜博

ここまで、きれいに展示されていますとあとは自分の中で妄想が膨らみます♪

子供たちも「へぇ~」恐竜かぁ~なんて言ってます!

 

恐竜博

 

恐竜博

ここまでリアルなノートを見ると、発掘して調査の様子がよくわかります。

スケッチ見て感心します!

研究者じゃないとなんの足跡とか骨とか見ても分かりませんから。

 

 

4.始祖鳥

 

恐竜博

始祖鳥」は有名ですね!

教科書に載っていますので全然知らない人でも聞いたことはあるはず!

 

こんなメジャーな化石もあると思いませんでした。

 

 

恐竜博

ホントにきれいな化石ですね!

こんなきれいな姿の化石ってどうやってできるんでしょうか?

一瞬で灰に覆われたんでしょうか…。

 

5.デイノケイルス

 

恐竜博

さあ「デイノケイルス」です!

この恐竜はNHKのTVで放送があり、我が家は録画してありますので事前に子供たちが見ていますので

インパクトが違います!

 

 

恐竜博

デイノケイルス」の腕の部分です

凄く大きな骨です。相当発達していたんでしょう…。

 

 

恐竜博

 

 

恐竜博

 

この「」が「デイノケイルス」の実際の骨で「飾り羽」があった証拠の可能性がある!

これだけ見ても全然分かりませんし、どこの部分の骨かも分かりませんが、研究者のかたは

分かるんですから、凄いです!

 

 

恐竜博

デイノケイルス」の全体像!

やはり恐竜は大きいです!当たり前ですが、「」の大きさにビックリ!

 

 

恐竜博

肺の部分だけでも大人が余裕で入れそうです…。

赤い羽根はどうして赤色だってんだろうとか思います。

他にも、恐竜の子育ての様子の映像が流れています。

 

こんな大きな「恐竜」がいたなんて…。

 

 

6.ムカイサウルス

 

恐竜博

先ほどの「デイノケイルス」を見て

凄く大きかったね~なんて話しながら進むと

いよいよ「むかわ竜」です!

 

 

恐竜博

北海道むかわ町」で発見されたので「むかわ竜

北海道で発見された全長8mを超える「むかわ竜」が新属新種の恐竜と認定され、

正式な学名が「カムイサウルス・ジャポニクス」に決定しました。

日本国内で発見され学名が付いた恐竜は8種目です。本展では、その全身実物化石と全身復元骨格を発見された地元むかわ町以外で初めて公開しています。

恐竜博より

 

なんだか夢があります!

こんな恐竜が北海道にいたなんて!

子供たちは「わぁ~」とか「おっきいね!」なんて言ってます(笑)

この「むかわ竜」を見に来たんだよ!と。

 

その他にも「なぜ恐竜が絶滅」したか?

巨大な隕石が地球にぶつかる映像も流れていて、いい雰囲気になっています!

 

7.まとめ

 

この他にも色んな「恐竜」が展示されています!

恐竜人間」なんてのもありましたが…。

 

子供たちは圧倒されていましたね!

実際に「恐竜の化石」を見て大きさに驚いていました。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

恐竜 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE) [ 講談社 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2019/9/24時点)

楽天で購入

 

最後に恐竜グッズのお土産を買いました。

出口近くの「海洋堂」のガチャガチャを1人1回計4回やりました!

家に帰ってあけたら4種類ずつ出ました!

計5種類なんですが…(笑)

 

 

ホントにいた「恐竜

子供たちはどう思ったか分かりませんが実物を見て何か感じてくれたらいいと思います!

 

ロマンしかありません♪

 

 







恐竜博

ABOUTこの記事をかいた人

ともぞうパパ

子育て真っ最中の二児のパパ! もうすぐ三児のパパに! 日々の子育てと投資、趣味のブログ。   全然怖くない 妻と長男(5歳)、次男(3歳)の4人家族 長野県(信州)在住。